スポンサーリンク


タンドリーチキンの残りタレ再利用レシピ

タンドリーチキンが大好きで家でも作るのですが、困るのがタンドリーチキンのタレが余ってしまう事!

たくさん残っていたら冷凍してカレーに入れたり、次回タンドリーチキンを作るときに利用したりしてもいいんですが、毎回そんなにたくさんは余らないんですよね。
しかも夏場は再利用がちょっと怖いですし。

 

というわけで、本日はタンドリーチキンを付けた後のタレを有効活用して、一品作ってしまいます。
とっても簡単なあまり野菜でできる野菜炒めなので、ぜひタレが余って困っている方は作ってみてくださいね。

 

【材料(二人分)】
・タンドリーチキンを焼いた後の残りダレ
・焼いた後のフライパン
・お好きな余り野菜
(今回はキャベツ50g、人参1/2本、ピーマン1個、しいたけ一個を使用しています。)

タンドリーチキン タレ 再利用01

ちなみにピーマンは他のお料理で余った部分も再利用です。
本当に冷蔵庫に残っているお野菜でできちゃいますから、あまっているお野菜があれば何でも入れてみてくださいね。

 

【作り方】

①お野菜を切っていきます。
しいたけは薄切りに、ピーマンは歯ごたえが残るように一口大に切ります。

タンドリーチキン タレ 再利用02

キャベツもカサを出すために、今回は一口大にします。

タンドリーチキン タレ 再利用03

人参は火を通りやすくするために、薄切りにすると調理時間が短くてすみます。

タンドリーチキン タレ 再利用04

 


先にタンドリーチキンを焼いたフライパンをそのまま残しておきます。

タンドリーチキン タレ 再利用05

ちなみに私はタンドリーチキンのタレにオリーブオイルを入れるのですが、オイルがないタイプのタレで作っている時は、ここでオリーブオイル大さじ1を足しておくと焦げ付きが少しマシになります。

 


焦げやすいので注意しながら、フライパンを中火にかけ温度が上がってきたら野菜を投入します。

タンドリーチキン タレ 再利用06

フライパンに残っているタレを全体にからめるようにしながら炒めます。
④お好きな炒め具合になったら、上から残っているタレをかけます。

タンドリーチキン タレ 再利用07

再びタレを全体にからめるようにして炒めます。
タレの味が家庭によって違うので一概に言えませんが、もし味が薄いようなら濃い口しょうゆ(分量外)を大さじ1ほど加えます。

野菜にタレがしっかり絡んだら火を止めて、完成です。

タンドリーチキン タレ 再利用08

いつも残りがちなタンドリーチキンのタレが、これなら一掃できます。
更に夕食が一品増えるという嬉しいことづくめなメニューです。

コツはタレが焦げやすいのでお野菜に火が通りやすいように素材によって切り分けること。
これさえ気を付けておけば失敗のないメニューなので、タレが余ったときはぜひチャレンジしてみてくださいね。

関連記事&スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ