スポンサーリンク


お得なマグロの血合いを使った美味しいおかず

マグロの血合い おかず06

スーパーで、魚屋さんで、大トロや中トロの陰に隠れるように置いてあるマグロの“血合い”

 

実はこの血合い、

とっても安い上に美味しくてボリューム満点なんです。

しかも、栄養価は赤みやトロ部分よりも高いとも言われています。

 

女性に欠かせない、血液の素となる鉄分や、

栄養ドリンクにも使用されていることで有名な、肝機能の働きを活発にするタウリン、

免疫機能をアップさせて体を強くさせる効果のある亜鉛など、

栄養価の点で見てみても絶対に『買い』な食材です。

 

もちろん価格の面から見ても、血合いのお得さは他に引けをとりません。

1パックに大トロの3倍以上の量が入っているにも関わらず、価格は大トロの3分の1以下という物凄いコスパの良さなんです。

大抵は1パックに大きな柵が2、3枚入り、200円から500円といったところでしょうか。

養殖か天然かでも変わるところは普通の部位と変わりありませんが、それでもかなりのお得さであることはお分かりいただけるかと思います。

 

また、

たまに中トロや大トロさえも紛れ込んでいるというラッキー血合いの存在が、血合いという普段は避けられがちな部位を格上げしています。

 

その血合いですが、

そのままでは生臭さが気になって食べられないという人も中にはいます。

 

そんな方にオススメしたいマグロの血合いを使ったおかずが、

『マグロの血合い佃煮』です。

佃煮にすることで、とても美味しい上に生臭さが取れて食べ易くなり、更には日持ちがします。

 

作り方はとても簡単です。

 

まずは、材料を用意しましょう。

材料は、

・マグロの血合い 適量

・生姜 適量

・料理酒 50ml

・みりん  70ml

・砂糖  小さじ1から2

・醤油 70mlです。

マグロの血合い おかず01

最初にマグロの血合いをぶつ切りにします。

臭みが気になる人は、30分間冷水で血抜きをすると良いですよ。

マグロの血合い おかず02

ぶつ切りにしたマグロの血合いを、

お鍋やフライパンに入れた分量外の少量の水で蒸し焼きにしましょう。

今回は量が多いので、フライパンにしてみました。

 

火が通ったら、その中へ刻んだ生姜を入れます。

マグロの血合い おかず03

ちなみに生姜はみなさんもご存知の通り、消臭効果と抗菌効果が高いことで知られています。

細かく刻むことでより高い効果が得られますので、生臭さが気になる方は特に、よく刻むことをおすすめします。

そこへ、みりんと砂糖を入れましょう。

マグロの血合い おかず04

水分がとび、汁気が3分の1ほどになったら醤油を入れます。

マグロの血合い おかず05

これを汁気が無くなるまで煮詰めたら出来上がりです。

マグロの血合い おかず06

おにぎりの具にするのも良し、つなぎと混ぜてマグロバーグにしても美味しい、家計の味方なメニューとなります。

関連記事&スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ