スポンサーリンク


紅茶のアイパックで目のむくみケア【簡単!まぶたに乗せて5分間置くだけ】

紅茶のアイパックで目のむくみケア01

飲み過ぎた日の翌朝、泣いて寝た日の翌朝、鏡を見たら目元がむくんでいる!なんて経験、誰しも一度はあるのではないでしょうか。

そんな時におすすめなのが紅茶のお茶っ葉を使ったアイパック。慌ててイライラしながらなんとかメイクで誤摩化そうと四苦八苦するよりも、短時間&省エネでいつものパッチリした目に戻すことができますよ。

やり方はとっても簡単。紅茶を入れて(茶葉でもティーパックでも両方◎)、使い終わった茶葉/ティーパックをまぶたに乗せて5分間置くだけ

茶葉の場合はクッキングペーパーなどに取ってから使うようにして、また、ティーパックの場合は両目なので2個用意したほうが良さそうです。その間は、紅茶を飲んで短時間ですがほっこりしましょう!

 

紅茶にはストレス解消効果やリラックス効果、眠気を覚ます効果に利尿効果など様々な効果があるので、朝飲むとスッキリと一日をスタートすることが出来ますよ。

また、紅茶の茶葉をまぶたに乗せることで、紅茶に含まれるビタミン類やカテキン類が目の皮膚に浸透・作用して、目のむくみや疲れを取ってくれるんです。

紅茶のアイパックで目のむくみケア02

紅茶のアイパックで目のむくみケア03

紅茶を飲みながら5分経って、パックを外すとむくんでいた目元がすっかり元通りになっているはず。たった数分の手間でびっくりするくらいにむくんだ目元に効果があるので使わない手はありません。

ちなみに、紅茶の茶葉/ティーパックを冷やしたほうが良いという話も聞きますが、冷やすのも手間ですし、温かいままのほうが目の血行を促進してくれてリラックス効果も高まるのでおすすめです。

もちろん、紅茶で火傷しないようにある程度冷ましてから使うようにしましょう。また、この紅茶パックはむくみ目だけでなく、パソコンやスマホで疲れた目の回復や加齢による目元のたるみにも効果があるようです。

 

目元がむくんでいる時だけに限らず、定期的に朝紅茶をしながら目元ケアをすると常にパッチリした目元をキープ出来るのでおすすめです。

 

関連記事&スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ