スポンサーリンク


東京の手話カフェSign With Me(サイン ウィズ ミー)【美味しいスープと手話のお店♪】

今回は、ちょっと変わったスープのお店のご紹介です。

 

本郷三丁目駅から本郷通りを北上すること徒歩5分、
東京大学の目の前にある、「Sign With Me(サイン ウィズ ミー)」です。

手話カフェ Sign With Me

この看板のロゴと店名を見て、
ピンときた方もいらっしゃるかもしれません。
そう、ここ「Sign With Me」は「手話カフェ」なのです。
ロゴの「With」の部分の指の形は、「一緒に」という意味の手話です。

「手話カフェ」と聞くと、
手話が出来ない人は行ってはいけないのでは?
と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

「Sign With Me」で働いているのは、聴覚障害者の方たち。
その店員さんたちと、どうコミュニケーションを取るかは自由です。
手話が出来る人は手話でもよいですし、筆談がよい人は筆談でもOKです。
店員さんたちの耳が聞こえないだけ。
それ以外はいたって普通のお店なのです。

お店は建物の2階。店内は明るく開放的です。
長いホワイトボードが置いてあって、お客さんの書き込みがたくさんあります。
大阪や名古屋など遠方から来た人も多くてびっくり。

お客さんの書き込みがたくさんあります

ペンがたくさん置いてあって、自由に書けるようになっているのですが、
店員さんや耳が聞こえない人との会話にも使えます。

注文と支払いは、レジで行います。
スープ屋さんといっても侮るなかれ。
食べるスープが6種類、プレミアムスープが4種類、それに飲むスープが4種類。
他にも、ちょっと変わったカレーやオムライス、パスタもあります。

食事には、お得なセットがぴったりです。
「シングルスープセット」は、
食べるスープ+ライ麦パンor白胡麻ご飯+サラダで、780円。

「ダブルスープセット」は、
食べるスープ+飲むスープ+ライ麦パンor白胡麻ご飯+サラダで、960円です。
プレミアムスープの場合は、それぞれ+150円です。

実は少しだけ手話を習っていたことがある私。
どきどきしながら、レジにいるお姉さんに向かって、
「こんにちは」の手話をしてみました。
そうすると、お姉さんはにっこり笑って「こんにちは」をしてくれました。
通じた!感動!!

ですが、私の手話はここまで…。
注文は、メニュー表を指差ししてしました。
「このセットで、このスープとこのスープで、パンとごはんは…」
とかなり長い注文になったのですが、
店員さんは全然迷うことなく、オーダーを取っていきます。
指差しだけでなく、口や表情も読み取っているのかもしれません。
そのコミュニケーション能力の高さに、びっくりしました。

それだけでなく、注文後に、
「2月限定のデザートがあるのですが、一緒にいかがですか」(多分そんな感じ)
と手話で言われ、店員さんの素敵な笑顔に思わず
「じゃあ、それもお願いします」
と言ってしまいました。恐るべし、店員さん。

また素敵な笑顔で、
「ありがとうございます」
と手話で伝えてくれました(これだけは、確実にわかった)。

番号札を持って、席で待つこと10分ほど。
スープセットがやってきました。

こちらが「ダブルスープセット」。
スープは「茸とソーセージの和風ポトフ」と「パンプキン&コーンポタージュ」です。

ダブルスープセット

ポトフは野菜がいっぱい。
野菜からいいだしが出ていて、ほっとできる味です。
一方、パンプキン&コーンポタージュはコクがあって美味しいです。
クルトンなどで書いたスマイルもかわいい。

こちらは、「シングルスープセット」。
スープは「焼トマト入りオニグラスープ」です。

シングルスープセット

シングルスープセットのスープは、かなりのボリューム。

オニオングラタンスープ

オニオングラタンスープをこれだけ食べられることって、なかなかない気がします。
玉ねぎ何個分なんだろう…?
玉ねぎの美味しさを思う存分味わえる一品です。

食べ終わったのを見計らって、デザートを持ってきてくれました。
「3種類のチョコレートプレート」(480円)です。

3種類のチョコレートプレート

ザッハトルテと、ホワイトチョコレートケーキと、生チョコとゆずのムースです。
特に生チョコのムースが美味しかったです。
生チョコの甘さが控えめで、その上ゆずの皮も入っているため、
さっぱりいただけました。

店員さんは、声を出しませんが、
お皿を下げるときは「下げてもいいですか」
ということを、表情と手ぶりで伝えてくれます。
また、オーダーを待っている間に、
メニュー表を渡してくれ、
「これを見て待っててください」という仕草をしてくれました。

お話ができなくても、手話ができなくても、
こんなにも心のこもった接客ができるんだと感動しました。

言葉に頼らない分、
相手への気づかいや、相手に伝える意志が大切なのかもしれません。
そんな気持ちをダイレクトに感じることができました。

テーブルには、簡単な手話の冊子が置いてあります。

手話の冊子

「ありがとう」「ごちそうさま」「好き」など、すぐ使えるものばかり。
このカフェに来るたびに、1つずつ覚えるのも楽しそうです。

温かいスープと温かい店員さんの笑顔で、体も心もほっこり。
寒い季節に美味しいスープはいかがですか。

関連記事&スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ