スポンサーリンク


【吉田とん汁店】メニューはとん汁定食のみ!とん汁専門店

メニューは、「とん汁定食のみ」という、とっても潔いとん汁の専門店があります。
名前は、「吉田とん汁店」。
東京大学本郷キャンパスの赤門の正面にあるお店です。とてもきれいな外観です。

吉田とん汁店
店内はカウンター席のみ10席ほどです。
これなら、ひとりでも入りやすそう。

吉田とん汁店 店内
メニューは、本当に「とん汁定食」(680円)のみ。
迷う必要はまあったくありません。
とん汁定食は、具だくさんのとん汁とごはん、それに、自家製浅漬けと小鉢2品が付きます。

ごはんの大盛りはサービスですが、おかわりは100円です。
お腹が空いていてたくさん食べたいときは、大盛りにしちゃいましょう。
私は普通盛りでお願いしてしまったのですが、机の上に置いてある品々を見て、後悔しました。

まず気になったのが、これ。
卵かけごはんにかける醤油」。
近年は「TKG」などとも呼ばれ、専門店があるくらい大人気の卵かけごはん。
それがここでも楽しめます。
くまもんの絵が描いてありますが、熊本市で作られている商品のようです。

 

他にも、地卵(70円)やイカの塩辛(100円)、味付のり(30円)、具入りラー油(無料)などがあります。
ごはんのお供がこんなにたくさん!
とん汁以外でも、ごはんが美味しくいただけそうです。

地卵

待つこと約10分。
とん汁定食がやってきました。

とん汁定食

とん汁が入っているどんぶりが大きい!

小鉢はこんな感じです。

金時豆と、

金時豆

つくだ煮、

つくだ煮

そして、たくあんです。
(メニューには「自家製浅漬け」とありましたが、この日は違いました)。
またごはんのお供が増えてしまいました。
たくあん

とん汁は、本当に具だくさん。
大きな具がごろごろ入っています。

とん汁は本当に具だくさん

特に多かったのは、大根。
これも大きかったのですが、しっかり中まで味が染みています。
他にも、にんじんやねぎが入っていましたが、珍しいものも入っていました。

まず、絹ごし豆腐。これも大きいものがごろごろ入っています。

豚汁の豆腐

かなり熱いので、食べるときには注意。
それと、じゃがいも。

とん汁のじゃがいも

丸ごと1個を半分に切っただけの大きさです。
ですが、これもしっかり味が染みています。

両方とも、とん汁に入っているところはなかなか見かけませんが、だしの効いたお味噌の味にあっていて、美味しかったです。何より、このボリュームが嬉しい。

やっぱりとん汁、ごはんとの相性が抜群で、ごはんが進みます。
ごはんが進むのですが…。
やっぱり卵かけごはんが気になる!
というわけで、ごはんを少し残して、卵かけごはんにすることにしました。

卵かけごはん

専用の醤油を混ぜて、ごはんにかけて、いただきます!
普通の醤油だと、どうしても醤油の味が強くなってしまいますが、これは昆布のだしがきいた優しい味になりました。

なのに、少しの量でちゃんと味が付く…不思議な醤油でした。
卵の味を大事にした、卵かけごはんになりました。
とん汁が主菜になるのか心配だったのですが、じゅうぶん満足できました。
おなかもいっぱいです。

とん汁が主役ではありますが、それと一緒にごはんを美味しく食べると、「ごはんを食べた~」という気がします。とん汁は、やっぱりほっとする家庭の味です。
それに、野菜もたっぷり摂れます。
最近、外食続きの人、野菜を摂れていない人、ほっこりしたい人におすすめです。

暑い季節になりましたが、店内は結構クーラーが効いているので、暑さを気にすることなく、おいしくとん汁がいただけます。

また、とん汁は、持ち帰りが出来ます。
とん汁のみは400円、ごはん付きで500円です。
小鉢も100円で持ち帰ることが出来ます。
家が近くの方は、単品で買って帰って、おかずの一品にするのもいいですね。

関連記事&スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ