スポンサーリンク


漫画の岩の描き方~描き分ける2つのポイント

漫画 岩 描き方02

漫画の岩を描く上で重要なポイントは、何よりも固さと重量感を表現することです。

 

岩は一見、形がシンプルで特徴があまりありません。だからこそ、より基本の描き方に忠実な描写方法を用いる方が望ましいと言えます。

日常生活の中で岩をじっくりと観察する機会はありませんが、漫画の背景をよりリアリティのあるものにするために、ぜひ実物を観察してみることをおすすめします。

 

観察のポイントは、

  • 岩のどのような部分が一番“岩らしく”見えるか
  • どのような場所に岩があるのか
  • 質感はどのような感じか実際に触って確かめる
  • などがあります。

    写真では感じとることが出来ない岩の様子をしっかりと掴みましょう。

     

     

    <岩の描き方>

    岩には、表面がゴツゴツしているものと、表面が滑らかなものがあります。ですから、表面の質感によって描き分けが必要となります。

     

    <表面がゴツゴツしている場合>

    ・アウトライン

    アウトラインとなる線は、短い直線をつなぎ合わせていくように描きます。

     

    線を太くすると、重量感を増すことが出来ます。また、太さを変えずに均一の線にすることで、固さやゴツゴツした雰囲気がより強調されます。

     

    ・質感

    表面のゴツゴツ感は、ベタや細かなタッチで描写しましょう。

     

    まず、光が当たらず暗くなっている部分(影)には、思い切ってベタを用います。

    ベタは、ただ単に黒く塗りつぶすだけではなく、岩の表面に沿うように塗ります。このとき、ベタは筆ペンなどを使うと、自然な表現が簡単に出来ます。

    漫画 岩 描き方01

     

    ・トーン

    砂トーン:砂っぽくざらざらした質感になります。

    網トーン:硬質感が強調され、冷たい印象が出せます。

    漫画 岩 描き方02

     

    <表面が滑らかな場合>

    ・アウトライン

    アウトラインとなる線は、一本の線をきれいにつなげるようにして描きます。

    多少の凹凸は、線の太さを変えて表現すると良いでしょう。表面が滑らかな場合でも、多少凹凸を描くことで岩特有の雰囲気が出せます。

    漫画 岩 描き方03

     

    現実にはツルツルの岩も存在しますが、それをそのまま描いてしまうと、読者には岩として認識してもらいにくいことがあります。

    実際よりも“それらしく”描くことで、読者に伝わりやすくなります。

     

    ・質感

    滑らかさ、ツルツル感を出すには、シンプルな線でメリハリを付けて描きます。

    線によるタッチは極力減らし、白と黒のコントラストを強めると良いでしょう。

     

    ・トーン

    トーンは基本的に、ゴツゴツした岩と同じものを用います。

    砂トーン:砂っぽくざらざらした質感になります。

    網トーン:硬質感が強調され、冷たい印象が出せます。

    漫画 岩 描き方04

    加えて、多少トーンを削りグラデーションを作ることで、滑らかな岩を描写することが出来ます。

    漫画の描き方に関する記事【まとめTOPページ】

    関連記事&スポンサーリンク



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ