スポンサーリンク


漫画の女の子キャラの描き方【簡単5つのポイント!】

漫画作成には、キャラクター作りが重要です。

これは男の子の絵・女の子の絵のどちらにも共通することなのですが、漫画の絵というのは誇張表現を主とした技法であり、女の子キャラを見た人が、「これは女の子だ」と理解できることが、基本的な要素となります。

漫画 女の子 描き方01

漫画の女の子を描く際には、しなやかさややわからさを出すなどして、「より女の子らしい」を意識しながら描きましょう。

もちろんボーイッシュキャラなどの設定や、年齢の違いによる例外もありますが、ここでは分かりやすく表現できる方法を説明していきます。

 

<女の子キャラの描き方>

①首を細くする

実際には男と女で首の細さに大きな違いはありませんが、漫画での女の子キャラの場合は、実際よりも女の子の首を細く、長めに描きます

ポイントとしては、耳の付け根の少し内側から首筋が伸び、肩にかけてゆるやかに落ちていくようなラインを描くことです。

漫画 女の子 描き方02

ボーイッシュな女の子や力強い女の子キャラの場合も、多少これを意識して描くことで、根本的な性別の違いを表現することが出来ます。

 

②曲線を意識する

漫画 女の子 描き方03

女の子キャラは、男の子キャラに比べて筋肉を膨らませた表現をしません。

ゆるやかなカーブを意識した曲線で描くことで、身体全体にゆるやかなラインが生まれ、女の子キャラらしい表現ができます。

漫画 女の子 描き方04

女性アスリートのような場合でも男性ほど筋肉が膨らむことが少ないので、この基本を当てはめることが出来ます。

 

③目を大きくする

目の大きさも、実際には男性と女性であまり変わりはありませんが、漫画においては目を大きくし、女の子らしさの表現に利用することが多々あります。

 

大きくする技法としては、

・瞳(黒目)を大きくする

・眉毛と目の位置を離す

漫画 女の子 描き方05

 

・まつ毛による効果を使う などがあります。

漫画 女の子 描き方06

 

また、目にハイライトを当てることで、目の輝きや潤感を表現すると、より効果的でしょう。

漫画 女の子 描き方07

 

④顔の大きさを変える

女の子キャラの顔は、男の子キャラよりも小さく描きましょう。

身体に対しての顔の大きさの割合と、男の子キャラに対する比率を変えましょう。

例えば、女の子が手前にいて男の子が奥にいる場合、通常ならば手前の顔が大きくなりますが、対比させたい女の子の顔を小さくすることでより女の子キャラらしくなります。

 

⑤しぐさを変える

女の子らしい表情やしぐさを絵で表します。

女の子のしぐさとして使われることが多いものに、「内側に閉じる」というものがあります。

これには、腕や脚を組んだりするようなしぐさが例として挙げられます。

漫画 女の子 描き方08

また、手の動きも男の子キャラとは区別します。

女の子キャラには、どこか流れるような動きを付けると良いでしょう。

様々なキャラクター・設定によって、「女の子らしい」という定義も違ってきますが、まずは基本的な要素を踏まえて描いてみましょう。

漫画の描き方に関する記事【まとめTOPページ】

関連記事&スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ