スポンサーリンク


寝袋は、どこに売ってるの?教えて!~口コミはこちら

寝袋
Photo by Henk van Dillen

『寝袋・シュラフは、どこに売ってるの?教えて!』(口コミ4件)

↓   ↓

■口コミ1

寝袋はキャンプ洋品店や一部のスポーツ用品店に売っていることが多いです。

また、最近ではSNS映えのためにとキャンプを始める人も増えているため、雑貨屋やセレクトショップでも目にするようになりましたね。

 

ですが、もしたくさんの種類の中から選びたかったりほしい寝袋があるという方はネットショップがおすすめです。

店舗でも寝袋は取り扱っていますが、場所をとる商品のため置いてある商品は少なめなことが多いです。カラーやブランドにこだわりがあるという方は、取り扱いカラーもブランドも豊富にあるネットショップで購入した方が良いでしょう。

また、商品数が豊富なだけでなく価格帯も店頭よりお手頃なのも魅力的です。

 

■口コミ2

我が家も子供が大きくなってきたので、一昨年キャンプデビューをしました。その際、やはり家族の人数分の寝袋(シュラフ)が必要になり、購入しました。

 

我が家はアウトドア商品も扱っている大型スポーツショップで購入しましたが、購入にいたるまでに他のお店やネットも見ました。

最初は使い心地も知りたかったので、アウトドア専門のショップに行き、展示してある寝袋(シュラフ)に実際に寝てみたりしました。そして価格をチェックして同じものを安く買える方法を探しました。

 

たまたま、スポーツショップの割引券があったのでスポーツショップで購入しました。

購入後も色んなところで寝袋(ショップ)で売られている事がわかりました。ホームセンターやアウトドア専門のリサイクルショップ、メルカリなどにも売っています。

 

■口コミ3

アウトドア専門店でなくても、普通のホームセンターで寝袋は置いてあります。(近年災害用に持つ人がいるから、結構売れるのではないかと)

春先になると、テントなどのキャンプ用品とともにコーナーが設置されるところも。

そういった時期は品ぞろえが増えます。

 

2,000円~程度で丸洗いOK、収納袋付きの寝袋がいくつか売っています。コールマン等、ちょっと聞いたことがあるメーカーのものなどは、もっと値段が高くなります。

でもホームセンターでは高機能のものより手頃なものが多く、より機能的なものを求める場合はちょっと品ぞろえが悪いです。

 

高機能(防寒、防水など)にこだわる場合、ネットで探すのもありですが、実際に色や素材を確認したい場合もあると思います。アウトドア専門店でなくても、スポーツショップでも見つかります。

お気に入りの寝袋を見つけるには、複数の店舗を確認することをおすすめします。

 

■口コミ4

寝袋は、今やネットで簡単に買えるようになりました。種類も豊富で簡易的なものから、本格的なものまで様々な寝袋を取り扱っています。

5月くらいから、暖かくなってくると大型スーパーなんかのバーベキューコーナーでも販売しているのを見かけます。

アウトドア専門店、スポーツ専門店、釣り専門店なんかでは、一年中取り扱いがあります。

 

実際に、寝袋を見たことのない方は一度手にとって見てみることをお勧めします。寝袋も、簡易的な物と本格的な物では、全然品物が違ってきます。

実際に自分に必要な寝袋がどんなものなのか考えてから購入すると良いと思います。そうすれば、ネットでも店舗でもどちらで購入できるので良いのではないでしょうか。

 

『寝袋・シュラフのおすすめを教えて!』(口コミ6件)

↓   ↓

■口コミ1

私のお勧めの寝袋は、ロゴスの丸洗い寝袋アリーバ-2です。

数年前にMotoGPでの場内宿泊用に購入しました。

 

東京ではちょっと涼しいかなくらいの気候でしたが、やはり山の上にあるツインリンクもてぎの夜はものすごく寒くて、防寒対策が万全ではなかった私は震えていました。

ですが、この寝袋に入ってからは外の寒さとこの寝袋の暖かさの差にビックリ。

寝袋の下に薄めのマットを敷いただけでとても暖かくて気持ちよく、朝までぐっすりと眠ることが出来ました。

 

それからは、この寝袋にすっかりハマり、現在は自宅で寝る際も利用しています。

我が家には猫がいるのですが、私は猫アレルギー&ハウスダストアレルギーなので通常の布団だと猫の毛や布団自体から出る埃がでかなり苦労していました。

その点も寝袋の素材がスベスベしているので猫の毛や埃が殆どの付かず、丸洗いできるので気にならなくなりました。

 

もちろん暖かさは完璧です。愛猫もこの寝袋がかなりのお気に入りのようで、自分から勢い良く入って行って寝ています。
キャンプや車中泊、イベント事にはもちろん、自宅で寝袋もお勧めです。

 

■口コミ2

アウトドアには欠かせない寝袋やシュラフですが、アウトドア専門店に行くと色々なメーカーのものがあり迷うこともあると思います。

やはり年間を通してアウトドアのキャンプ場などは夜冷えることもあるのでダウン素材の寝袋、シュラフがおすすめです。

 

いずれにしてもどのような寝袋、シュラフを選ぶかは、その目的によっても違いがあります。

例えばファミリーキャンプを楽しむ程度でしたら、そこまで本格的な寝袋を選ばなくても大丈夫ですから封筒型などが手軽で良いでしょう。

ブランドとしてはコールマンがお手頃価格です。

Coleman(コールマン) パフォーマーIII/C5 (オレンジ) 2000032337

Coleman(コールマン) パフォーマーIII/C5 (オレンジ) 2000032337

3,200円(10/22 01:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

一方で、本格的な山登り、トレッキングで使用するシュラフですと、よりクオリティの高いものが必要になってきます。

マイナスの気温でも暖かく、さらに持ち運ぶのに便利な軽量であることを考えると、モンベル、スノーピークなどの専門ブランドが安心です。

 

■口コミ3

寝袋・シュラフが一番活躍する季節はなんといっても、夏です。

子どもの学校行事での合宿、ファミリーキャンプ、旅行、登山などで用意する必要があるのは圧倒的に夏のシーズンということが多いです。

 

しかし、スポーツ店やアウトドアショップでシュラフを選ぶ時のおすすめは、スリーシーズン用です。

これは、冬以外の季節である春・夏・秋の3季用の寝袋であり、標高の高い山岳地帯での野営などを除けば、春から秋までをカバーできるあたたかさであり、少し寒いかなといった日でも安心感があります。

 

中でも特に一押しなのは、コールマンの封筒型シュラフです。

暑い時には、ファスナーを全開すれば開放感も十分となりますし、同じタイプのシュラフ同士で連結することもでき、いろいろなバリエーションに富んでいます。

 

■口コミ4

寝袋のおすすめなら間違いなく「LICLI 寝袋」です。これは有名なのでスポーツ店にも普通に売っているし、アマゾンでも買えます。

 

私はひとり暮らしをしていて布団は一つしか持たないのですが、これは月に数回家に泊まりに来る兄のために用意しました。

コンパクトとたためて収納に困らないし、中にエアーが入って柔らかく、そして暖かいです。冬でも夏でも使えます。

 

普段の筒状の寝袋の形から、広げることが可能で、普通に敷ふとんとしても使えます。これが大変便利で、夏にまるでミノムシのようになって寝るのは厚いという時はこのオープンモードにして寝ることができます。

寝袋は洗濯機で丸洗いできます。洗って干して閉まって来客ように使うのに丁度よいです。

 

■口コミ5

私がアウトドア好きの皆様にお薦めしたいシュラフの一押しシリーズは「軽量 封筒型 シュラフ 寝袋 キャンプ アウトドア」です。

 

理由としては、まず第一に片付ける際も面倒臭い手間は一切要らず、ものの数秒でコンパクトサイズに纏まり、かさばりの不安もありません。

また、体力仕事が全く向いていない女性の方でも軽々と運べる重さなので、キャンプや登山時に一切負担にならないのも魅力の一つ。

 

そして惜し気もなく使用された羽毛布団に匹敵する天然綿を沢山使った寝袋は、蓄積された疲労を眠っている間にゆっくりと吸収してくれ、心地好い眠りに誘ってくれます。

朝には疲労も取れますし、通気性、保温性両方を兼ね備えているので、夏冬両シーズンに使えるのも私自身気に入っています。

お値段も安価で長い事使用出来るので、胸を張ってお薦めしたいです。

 

■口コミ6

色々なブランドのシュラフがありますが、色々なブランドの寝袋を使った私の経験値の中では、ダントツで、モンベルがオススメです。

とにかくキャンプというか、野外で生活することのことを、とことん考えた機能になっています。

 

寝袋には「あたたかさ」「かるさ」を求めると思いますが、他のブランドに比べて、ここはモンベルの安定感があり、特に「あたたかさ」はモンベルがナンバー1だと思います。

その中で私のおすすめは、ダウンハガー800になります。

 

値段はそれなりにしますが、一生もので考えれば、決して高い金額ではないと思います。また国内のキャンプ場で過ごすのであれば、十分対応可能なシュラフだと思います。

以前に、何十回か使用したあとに、クリーニングに出したこともありました、その後の温かさや軽さなど、問題もありません。

ぜひおすすめです。

 

関連記事&スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ