スポンサーリンク


バッファロー無線中継器WEX-300を購入!【口コミ・レビュー】

■BUFFALOの無線中継器WEX-300を購入しようと思ったきっかけ

普段私は自宅で無線LANを使用しているのですが、電波が悪くインターネット接続がよく途切れていたためどうにかならないものかと考えていました。

最初は親機の性能が低すぎて電波も届かないのかなと思い、親機の買い替えなども検討していましたが、ネット上のブログなどを読んだ後にBUFFALOさんに何度か問い合わせてみると、電波が途切れ途切れになってしまうというのは、近くで電波が干渉してしまっているケースが多いとの事でした。

 

しかしなんらかの製品などを購入して電波改善に役立つものもあると聞いて紹介されたのが無線LAN中継器でした。

インターネットを見るとブログなどで親機の後ろにアルミホイルを置いて電波を改善させるという人や、親機の角度を変えてみるという人、無線LAN中継器やアンテナなどをつけて電波が改善したという人も多くいます。

しかしこういった事に関して私は素人なのであまり手を加えず、簡単に設置しておくだけの無線LAN中継器がやはり良いなと思っていました。

 

無線LAN中継器はその名前の通りに自分のような症状の場合のためにこそあるというような商品なので購入を決意しました。インターネット通販Amazonなどで調べると3200円程度のレビューも多い無線中継器があったのでそれにしようかと考えましたが、よく投稿されたレビューを読んでいると、親機がBUFFALOの場合、手動での設定が必要と書いてあったので少し抵抗がありました。

値段的には3000円程度なら購入しやすかったのですが・・・。

それで他の製品も見ていたら親機と同じBUFFALOの無線中継器がありました。こちらは値段が4000円を超えていたのですが、親機もBUFFALO製なので設定も簡単であるという事が分かりこれにしようと決めました。

迷いも正直ありました。

レビューを読んでいただければお分かりだとは思いますが、評価が分かれやすいのです。良かったという人、そして全くダメだった、お金をドブに捨ててしまったという人など。一度開封したら返金はできなそうなので迷ったのですが、ダメだったら500円位値引きして中古で出品しようと考え思い切って購入しました。

 

さて実際に届いた時の箱はこんな感じです。

WEX-300 01

家のどこでもWi-Fiを使いたい人、面倒な接続設定はしたくない人、ゲーム機やプリンターを簡単に無線化したい人にオススメと記載されています。

箱に掲載されているこんな人にオススメというような画像があるのですが、ここに記載されているのと全く同じで我が家も1階に無線の親機を置いて二階でしかも親機とは反対方向でインターネット接続をしている状況でした。全く同じ状況であったので迷いなく購入する事ができました。

 

実際に箱を開けて製品を見てみるとこんな感じです。

WEX-300 02

思っていたよりも小さいです。Amazonの画像だともっと大きく感じるのですが実際はかなりコンパクトです。コンパクトで女性でも抵抗感がないと思いますよ。重さもそれほどなく軽いです。高さは15センチから16センチくらいで奥行きも13センチくらいです。

 

箱の中には設置、初期設定ガイドという紙が入っています。

WEX-300 03

この紙も複雑という感じではなく、この紙の裏表に設定の仕方などが書いてあるシンプルなものです。実際に設定などもすごく簡単で難しい事はないと思います。ちょうどいい場所を見つけてコンセントに差し込んでボタンを押すくらいです。

 

裏面です。

WEX-300 04

各部の名称や注意事項が書かれています。

 

本体の電源を入れてみた正面の画像です。

WEX-300 05

一番上にAOSSというランプがありますが、電源を入れてこのボタンを押す必要があります。その他の部分としてはランプが点灯、点滅する部分がひとつあります。幅もかなりスマートで場所をあまり取らないのがいいですね。

 

背面の画像です。

WEX-300 06

何個かLANケーブルを差し込めるようになっています。私は今のところ全く使ってはいません。

 

大きさが分かりづらいという人のために比較画像です。

WEX-300 07

隣にあるのは耳かきです。ごく普通の耳かきなのでコンパクトさが伝わると思います。

 

さて実際に届いて箱から取り出して設定してみましたが本当に簡単にできました。本当に数分でした。

親機とパソコンなどを接続してインターネットに接続できてる状態かどうかを確認して、無線中継器をちょうど親機と二階のパソコンの場所の中間あたりに持っていってコンセントを差し込んで設置して、中継器にAOSSボタンというものが一番上にあるので約3秒間押して、今度は親機のAOSSボタンを押します。

 

あとはランプの状態を確認するだけという手軽さでした。迷いがなければ時間にして5分程度で完成します。

実際に使用してみた感想ですが、電波が途切れてインターネット接続ができないという状態は今のところありません。電波が以前よりも1本から2本ほどは増えています。インターネットが高速化するとかそういうのはありませんでした。

 

使ってるパソコンや回線が良くないのが原因かもしれませんが。電波が1,2本増えるというたったこれだけの事ですが、接続が途切れ途切れになるストレスは多大なので購入して良かったと思います。

よく見かけるような注意点としてはコンクリートなどの住宅だと木造住宅に比べると電波はやはり届きにくいようです。私は木造住宅なので電波の改善がみられたという事も充分に考えられると思います。

 

関連記事&スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ