クイックルワイパーと掃除機どっちがいい?使い分け方は?~口コミはこちら

『クイックルワイパーと掃除機どっちがいい?使い分け方は?』(口コミ5件)

↓   ↓

■口コミ1

クイックルワイパーと掃除機は、基本的にどちらも普段の掃除には必要不可欠のアイテムです。

 

まず、うちではクイックルワイパーは、必ずリビングの隅っこの目立たないところに立てかけておいてあります。

ですから出し入れする必要なく、床の汚れやホコリが溜まっていたりするのに気づいた時に、さっと持ってきてそのままササッとフローリングなどを拭くようにしています。

これだけでもフローリングにたまりやすいホコリや小さなゴミなどが、いつでも簡単にすっきり掃除できるので大変便利です。

 

一方で掃除機は、1日に一度だけの使用になります。

朝一番で全室の掃除機をかけることが日課になっていて、この作業により家全体の大きなゴミから砂埃まで全てをしっかりと吸い取って清潔な状態を保つのに大変役立ちます。

ですから掃除機をかけたあとは、再びこれを持ち出して掃除するということには使用せず、ポイントポイントで汚れに気づいた時だけクイックルワイパーで、ちょこちょこ掃除をするという使い分けをしています。

 

■口コミ2

家の掃除をする際に、活用度が高いのは、やはり掃除機だと思っています。

掃除機は家の中の部屋のすみずみまで満遍なく掃除することができるので効率面では、クイックルワイパーは全く勝てないのではないでしょうか。

 

そんな我が家にもクイックルワイパーはありますが、あくまでも掃除器具の主役としては掃除機がメインになっています。ですからクイックルワイパーはあくまでも予備的な意味合いの掃除器具になると思います。

 

それにクイックルワイパーはあくまでもフローリング仕上げの床面だけしか使えませんが、掃除機はフローリングでもカーペットでも畳でも全てオールマイティに活躍するという万能選手であるのも大きな違いです。

ですからクイックルワイパー自体が絶対に必要というアイテムでは無いと感じています。

 

例えば、掃除機を毎日かけるのが、面倒という人でしたらクイックルワイパーは手軽で使い勝手が良いかもしれません。

あまり神経質ではなく、さっとクイックルワイパーで掃除するだけでも満足できるのなら、手軽さは掃除機の上をいく便利グッズだと言えるでしょう。

 

■口コミ3

我が家では、クイックルワイパーと掃除機を両方使っています。

今までは、断然掃除機メイン派でした。クイックルワイパーは、掃除機では入らない棚やソファーの下の掃除のみに活用していました。

 

しかし、子供が生まれてから、我が家のお掃除状況が変わりました。子供が1歳まではクイックルワイパーの使用頻度が上がったのです。

これは、1歳までは赤ちゃんは昼夜問わず寝ることが多いので、掃除機がかけれない為です。せっかく寝た赤ちゃんが掃除機の音で起きてしまうこともありますし、そうしても排気で埃が舞いやすいのです。

 

赤ちゃんは床かそれに近い場所で寝ていることが多いので、埃が舞うと吸い込んでしまうようで嫌でした。

そこで活躍してくれたのが、クイックルワイパーです。これなら音も静かだし、掃除機ほどゴミは取れないかもしれませんが、埃も舞いにくいです。

 

そして子供が1歳を過ぎると、今度は掃除機が活躍するようになりました。

理由はやはり、子供の食べこぼしです。小さい子供は、お菓子も飲み物も、なんでもこぼすのが当たり前です。

特にボーロやパンなどは、小さいクズがポロポロ落ちやすいのです。

 

あまりに掃除機の頻度が高いので、コードレス式の掃除機に変えたところ、掃除がかなり楽になりました。食べこぼした部分だけのちょいかけも含めると、毎日3回くらいはお世話になっています。

子育て中の我が家では、今後もしばらくは、掃除機がメインで活躍してくれそうです。

 

■口コミ4

クイックルワイパーのハンディタイプと掃除機を両方使っています。

体験から申しますと、メインの掃除は掃除機であり、前準備の埃や掃除機ではやりづらい箇所にはクイックルワイパーが便利で、使い分ける事でより綺麗に掃除が出来るなという印象です。

 

普通に掃除機の先端を外して家具の隙間に入れる手間などを考えますと、やはり事前に埃をとれるクイックルで負担軽減になりますし、使い捨てですがケチなのでとった埃を掃除機で吸って何回か使用しています。

また、ちょっと気になったデスク上の埃などは掃除機では無理なのでハンディタイプでサッととれるのも手軽です。

 

替えもそろそろ捨てないとなとなった時には、洗濯機や下駄箱の後ろ側、窓のサッシなど汚れに加え湿気も混ざってるであろう部分を拭き取って捨てるので、最後まで使い勝手があるというか、掃除機では難しい所をカバーしてくれるので衛生面からみても便利さは感じられると思います。

また、柄の伸縮や先端を曲げられる為天井だったり、テレビ台のコンセントがグルグルになってる所にも届きやすいです。

 

■口コミ5

私は、クイックルワイパーよりも掃除機のほうが使いやすく感じます。なぜなら、掃除機は広い範囲をゴミ収集できるからです。

クイックルワイパーを使う場合は、テレビ近くなどの限られたところにしか使えないので、その分時間もかかるのであまりつかっていません。

 

ただ、時間があるときには一番初めに上の方の誇りを落としたいので、クイックルワイパーを使ってほこりをとってから掃除機を使う、という感じをしています。

その方が効率的ですし、細かいところを吸わなくても良くなるからです。

 

でも、私の家では基本的に掃除機のほうがよく使います。ゴミなども掃除機のほうがすってくれますし、後片付けが楽ちんだからです。

私の家で使っている掃除機はダイソンのものなのですが、とても使い勝手が良いのでとても重宝しています。クイックルワイパーは洗濯機の近くにあって、1か月にに三回くらい使うくらいです。なので、頻繁には買い換えませんし、それだけ使わないので場所をとっています。

 

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ