スポンサーリンク


たった315円で本格髭剃りを覚えよう!

髭剃りを行っている方は何となく髭を剃っているのではないでしょうか。
私もその一人でした。しかし、髭剃りとは奥深いものです。しっかりとした手順を踏むことですぐにザラついてしまうような髭を無くすことが可能です。

 

■準備するもの
・BEAUTY-Mカミソリ
・シェービングフォーム
・化粧水
本格髭剃り01

基本的に100均へ行けばこれらは揃います。しかも、中々のクオリティです。
次に剃り方をお教えいたします。各剃り方を覚えてから髭剃りを行ってみてください。

■順剃り
髭の流れにそって髭を剃っていきます。ここで注意しておきたいのが、今回紹介するBEAUTY-Mのカミソリはとても切れ味が良いです。本当に髭をなぞる程度にとどめておいてください。

■逆剃り
順剃りの次に行う手順です。順とは違う逆なので、毛の流れとは逆に剃ります。これで基本的に深剃りは可能です。

■横剃り
毛を横方向から剃っていきます。剃り残しがある場合を発見できるので、念のため軽くささっと横剃りを行います。

 

手順は上記の手順で行います。さらに一工夫として、お風呂上りや、お風呂の中で剃る部分を手でゴシゴシと磨いてみましょう。垢すりの要領で行っていきます。そうすることで髭がさらに出てきます。

そして、シェービングフォームをつけます。肌と髭になじむ間にかかとなどを軽石などで角質除去をしていると時間も潰せます。
大体馴染む頃に髭剃りを開始してください。

それらが終わり次第、化粧水をつけてパーフェクトな髭剃りの完了です。

 

■逆剃りを行うデメリット?
よくネット上で調べていると逆剃りをいきなりやるのは刃に負担が掛かると書いていますが本当に負担がかかり、刃がダメになってしまうのか不思議に思い、近場の理容室まで質問に行ってみました。結果的に言うとそれは誤った情報らしいです。髭は髭なので、どの方法で剃ろうが、刃にかかる負担は一緒らしいです。

■さらに一工夫してみよう
せっかく買ったカミソリです。100均のものと言えど、長持ちさせたいです。
そこで、万能オイルを準備します。すでに自宅にある方はそれを使用してください。ミシンオイルなどでも大丈夫です。とにかく肌に触れても大丈夫そうなオイルを選択し、髭剃りが終わった後に刃先にオイルを塗って保存します。こうすることで、カミソリは長持ちします。また、余ったカミソリはシリカゲル(サプリメントなどに入っている除湿剤)を一緒にジップロックなどに入れておくと完璧です。

本格髭剃り02

髭剃りテクニックの一部として紹介しましたが、まだまだあります。髭剃りを本格的に行ってみたい方や、髭剃りがこれから必要だけど剃り方自体分からないという方の参考になれば幸いです。

関連記事&スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ