スポンサーリンク


誰でも簡単!理容室のような髭剃りの仕上がりになる方法

理容室でよく髭剃りをしてもらいますが、どうやったらあそこまで綺麗に剃れるのかと日々疑問に思う方は居ませんか?

今回は、誰でも簡単に理容室のような髭剃りを行ったときのような仕上がりに出来る方法を紹介したいと思います。

■準備するもの
・ダヴの石鹸
・カミソリ(安全ではない方)

ダヴの石鹸
カミソリ(安全ではない方)
■髭剃りの前に
髭剃りを行う時は知っている方も居られるかもしれませんが簡単に紹介したいと思います。髭は基本的に毛穴から出てきています。毛穴は温めると広がり、冷やすとしまります。

この方法を行う時はなるべくお風呂に入っているときの方が良いでしょう。お風呂で髭剃りはちょっとと思われる方は、タオルをレンジで700Wで数十秒ほど温めると簡単に蒸しタオルの出来上がりです。

これを髭が生えている部分に蒸しタオルがぬるく感じるようになるまであてておきます。お風呂で行う際は、なるべくお風呂を出る前を目安に、行います。また、髭剃りの直前に該当部分に温かいシャワーを10秒~20秒ほど目安に当て続けてください。

 

■髭剃りを実際に行いましょう
方法はかなり簡単です。ダヴの石鹸を髭の辺りにまんべんなく塗ります。そして、あとは通常に髭を剃る要領でささっと仕上げていきましょう。

肌がシェービングクリームに過剰に反応する私の体質ですが、ダヴの石鹸だと、肌にも良く仕上がりがとても綺麗です。しかも、剃り残しもほとんど無くなるので一石二鳥です。ぜひ、試したことがない方は試してみて下さい。

これまでにシャンプーやらリンスやらと試してきましたが、ダヴの石鹸が今の所かなりお気に入りの仕上がりです。石鹸自体もディスカウントショップにて3個数百円の価格で販売されているので、ボディー石鹸の費用とシェービングクリームの費用を抑えることが可能になります。

理容師顔まけの髭剃り

■髭に関する豆知識
よく、髭を剃るか抜くかで意見が別れるかと思います。私は以前は抜いて綺麗にケアする方でしたがその後の肌荒れや、細かいところが逆に気になりすぎて無理やり引っ込んでしまった毛を抜こうとしていました。

理容師の方に聞いてみると、それは色素らしく毛は抜けていますが、色素が広がってしまい汚く見えてしまうとのことでした。その意見を聞いてから、髭を剃るようになりました。

関連記事&スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ