スポンサーリンク


関西エリアでSuica(クレジットカード自動チャージ)を使うときの注意事項

ICカードに慣れた生活をしていると、わざわざ切符を買うというのがとても億劫になりますよね。

先日関東に住む友人が関西に遊びに来ました。

関西では今までJR間でしか対応していなかったSuicaなど関東圏のICカード。

 

2013年3月より私鉄や地下鉄などでも相互利用できるようになりました。

相互利用できるようになったことで、どこにいてもタッチ&ゴー!

旅行先の切符売り場で慣れない路線図をみながら切符を買う手間が省けます。

 

またイベント会場などに行く際には、行きや帰りに切符を買うために並ぶ必要もなし!

特に、ICカードをクレジットカードの自動チャージに設定している場合。
残高が1000円を切るタイミングで自動的に入金されるので残高を気にする必要もありません。

しかも毎月いくら利用したのかはクレジットカードの利用明細で管理できるので、マネー管理という意味で自動チャージを利用している方も多いようです。
さて相互利用できるようになったということを知っている人は多いようですが、実際に使ってみてヒヤッとしたことはありませんか?

今回は先日、友人に起きたことを紹介したいと思います。
ちなみにそれぞれのICカードを販売しているエリアでは気にする必要のないことです。

 

今回は特にクレジットカード付帯のsuicaを利用している人が地方にいった時の注意事項です。
Suicaの自動チャージは1000円をきるタイミングで改札に入るときに一定金額をチャージします。
これが当たり前なので、クレジットカード付帯のsuciaを利用していると現金でチャージするということを忘れがちです。

 

しかし関西エリアでは通過するだけでは自動チャージできません。
※詳しくは、東日本旅客鉄道株式会社のSuicaトップ→利用可能エリア→ICOCAエリアに記載されています。
初めて関西(例えば新大阪)でSuicaを利用してからチャージ金額がゼロになるまでは利用できますが、その後は自動券売機や入金機、のりこし清算機での入金が必要になります。

入るときに最低乗車料金さえカードに入っていれば入場はできますから、出る時に残高不足になっていたら清算が必要です。

これは「のりこし清算」すればよいわけです。

クレジットカード付帯のSuicaの場合は、ICカードチャージで入金します。

関西エリアでSuica(クレジットカード自動チャージ)を使うときの注意事項01

関西エリアでSuica(クレジットカード自動チャージ)を使うときの注意事項02

ここで注意したいのは、この入金はすべて[現金]になり、クレジットカードは使えないということ。

クレジットカードで普段自動チャージをしていると交通費の予算を現金で持ち歩かない人もいますよね。

友人はまさにそのタイプでした。
今回は、旅行の最終日で私鉄からJRに乗り換えて新幹線に乗るタイミングということもあり、お土産を現金で買っていたので所持金が少ない状態。

しかし新幹線のチケットもあるし、あとは帰るだけと思っていたので予算のギリギリまでお土産を買っていたようです。

友人は入場した時に残高が100円程度になっているのをみて、自動チャージされていないことに気づきました。

そして清算する際に現金のみということを知ってヒヤッとしたそうです。

チャージは1000円単位なので、どこかでお金をおろしてチャージして…。
見知らぬ土地なので銀行の位置もわかりませんし新幹線の時刻も迫ってきます。

こういった例はあまりないかもしれませんが、普段便利な生活をしていると思わぬところでヒヤッとすることもあるということです。

 

東京に比べると関西(特に大阪)の私鉄や地下鉄は短い区間でも料金が高いため、自動チャージを利用している方は、地方に行ったときには注意が必要です。

関連記事&スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ