スポンサーリンク


内容充実!電子版【産経新聞】無料アプリ

スマホの電子書籍が普及して、数年の時間が経過した現在、iPhoneやAndroidなどの端末を使って読書を楽しむ姿は、もはや日常の風景として珍しくないのではないでしょうか。

しかし、新聞に限って言うと、スマホ端末で読める新聞は限られてると思います。

こういう状況の中、産経新聞はiPhoneの普及とともに、他社に先んじてiPhone版の電子新聞を無料配布したことでも有名です。

産経新聞 アプリ01

 そして数年後、Android端末の発売.普及とともに、Android版の無料新聞も配布が開始されました。

毎朝更新される産経新聞は、東京版の内容になりますが、ニュース面や経済面等、全国のニュースを取り上げているため、地方に住む人が読んでも、普通の新聞と全然変わりありません。

産経新聞 アプリ02

新聞を読むときは、iPadやタブレット端末で読むのがベターですが、スマホの画面でもタッチパネルで紙面を拡大できるので、そんなにストレスを感じる事はないと思います。

産経新聞 アプリ03

当初、産経新聞は、この電子版の新聞無料配布を期間限定で行う予定でした。

しかし2013年現在においても、無料配布を継続しており、毎朝、産経新聞を無料で読むことができるのです。

おそらくこの電子新聞は、本ページ内に埋め込まれているバナー広告の収入で収益が成り立ってるだろうと、個人的には推測しています。

というのも、電子版産経新聞を読むためのアプリを起動すると、東京版限定の電子クーポンが掲載されています。

こういった電子クーポンのスポンサーから得られる広告収入料も、無料配布を支えてくれているのでしょう。

また無料で読めるのは、産経新聞本紙だけでなく、産経ビジネスアイも無料で読むことができます。

産経新聞 アプリ04

営業系の仕事をしてる人は、産経新聞本誌と共に、ビジネスアイも一緒に読めば、その日お客様と話す話題も事欠かないでしょう。

この無料配布されている電子版の産経新聞ですが、唯一残念な点としては、当日の新聞を保存できないことです。

日付が変わると、当日の新聞の内容にデータが書き換えられ、前日の新聞の内容は読むことができません。

気になる内容があれば、スクリーンショットを撮るなどして、電子スクラップを自分で作る必要があります。

 

アプリ名:産経新聞
開発: 株式会社産経デジタル
https://itunes.apple.com/jp/app/chan-jing-xin-wen/id298592032?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

関連記事&スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ