スポンサーリンク


インドのビザ申請を忘れてムンバイ空港でアライバルビザを取ってみた【緊急レポート】

2014年2月某日、インドに住む友人を訪ねる小旅行に出発。現地では友人が全て案内してくれる予定なので、下調べも全くせず、とりあえずバタバタと荷造りだけして空港に向かった。

 

空港でチェックインの列に並んでいる時に、ふとあることに気づく。

・・・インドってビザ必要じゃなかったっけ!?

ムンバイ空港でアライバルビザ01

そういえば前回インドに行った時は、日本で数日掛かりでビザを取得したし、会社の同僚達もインド出張に行く度にビザ、ビザ、と騒いでいたのに……アホな事にビザの申請を完全に忘れていた。

ここまで来て、インド行けないのか……と絶望的な気分になりつつ、念のためスマホで「インド ビザ 忘れ」で検索。すると、数年前から、インド到着時に空港でアライバルビザという簡易ビザを取得できるようになったらしいことがわかった!

 

アライバルビザの申請が出来るのは、デリー、ムンバイ、チェンナイ、コルカタの4つの空港のみ。私の航空券はムンバイ経由デリー着なので、当てはまりそうだ!

アライバルビザの申請は「インドで最初に入る空港」で申請しなければならないので、国内乗継がある場合、乗り継ぎ地の空港が対象になる。私の場合、ムンバイ空港で申請することになるようだ。

ビザの申請には写真と60ドル(アメリカドル)が必要とのこと。空港のインスタント証明写真機で大急ぎで写真を撮る。まさかすっぴんで証明写真を撮ることになるとは……。

 

ただ、在東京インド大使館のウェブサイトを見ても、写真のサイズについては明確な記載が無い。

日本国内でインドビザを申請する場合、必要な写真のサイズは5cm×5cmで、これがかなり厳格。以前国内でビザを申請した時、写真のサイズが間違っていてつき返された人を何人も見たことがある。

 

ただ、アライバルビザの申請には3cm×4cmサイズの写真が必要という情報もあって、枚数も1枚で良い、としているものもあれば、2枚必要という話もあり、どれが正しいのか良く分からない。念のため、5cm×5cmと3cm×4cmサイズ両方を用意する為、2回証明写真を撮った。

 

60ドルはビザ申請料金。日本国内で事前申請しておけば手数料など込みで2,135円で済んだのに、だいぶ高くなっちゃったなあ……。まあ自分のミスなのだから仕方ない。両替カウンターに行って、「60ドル分両替してください」と伝えて調達完了。

 

さて、これでインド到着前までの準備は整ったはず。チェックイン時に「インドビザは取得済みですか?」と係員さんに聞かれるも、平静を装って「現地でアライバルビザを取るので大丈夫です」と回答して出国ゲートへ。

ムンバイ空港でアライバルビザ02

搭乗までの待ち時間に、現地で記入するアライバルビザの申請用紙に書かなければならない情報を予習。両親の名前や、インドでの滞在地の住所、電話番号などを書く必要があるらしい。そういえば友人の電話番号しか聞いていなかった!ということに気づき、大急ぎで友人にメッセージを送って、住所を教えてくれと頼む。運良くすぐに返事がきた。

 

これで日本で今やれることは全てやった。あとは心静かにフライトを待つのみだ。

 

*インドアライバルビザの取得条件は頻繁に変わることが想定されます。必ず最新情報を確認してください。

在東京インド大使館 ウェブサイト アライバルビザ記載ページ

https://www.indembassy-tokyo.gov.in/Touristvisaonarrival.html

関連記事&スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ